旧バージョンですが、パナソニック YC-300BP4 増設し溶接のパフォーマンスが向上

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

旧バージョンですが、パナソニック YC-300BP4 増設し
溶接のパフォーマンスが向上

機種は『パナソニック YC-300BP4』 です。
※Ver1です。

 

導入した経緯はアルミ専用の溶接電源がほしかったためです。
ガス供給ラインを『サンアーク・スーパードライチューブ』を
使用しまして、溶接機側、ガスボンベ側ともに金具にて
がっちり締め込み直結しましたので、欠陥のない溶接を
実現できそうです。

ガスはもちろんヘリウム+アルゴンの混合ガスです。

 

トーチはMiller CS-310 です。
軽量でホール類が柔らかくとても使いやすいです。

これにより、いちいち直流の変換する作業がなくなるので
生産性も向上します。

このモデルは旧型ですが新型とほとんど性能の違いは
感じられないために従来品を選びました。

新型は魅力的ですが、直流パルス周波数が1000Hzまで
設定できるようになったのと、
手棒のアーク溶接の設定が
細かくできるとのことですが
ACでの違いはないので、
Ver1で充分と考えてます。。

 

旧バージョンですが、パナソニック YC-300BP4 増設し溶接のパフォーマンスが向上

 

 

Copyright© 2020 Kamimura corporation All rights Reserved
著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。