SUS304 50ATP-S-Sch40配管をNWフランジと溶接した

ステンレス配管溶接

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

SUS304 50ATP-S-Sch40配管を
NWフランジと溶接した

SUS304 50A TP-S Sch40配管をNWフランジを
両端に溶接を行い、水圧試験にて漏れ検査をしました。

工法

SUS304 50A TP-S Sch40配管をC1.5開先加工

・NWフランジをC1.5に開先加工

・両サイドをアルミテープで開口部をふさぎ
 酸化防止のためアルゴンガスを注入

・ターンテーブルにてTig溶接

 

パラメーター

電源装置:Panasonic YC-300BP4 直流
溶接電流: 100A
交流周波数:NA
溶加棒: SUS308L φ1.6
電極: レアアースタングステン
シールドガス : Ar
予熱 : NA

まとめ

 50A TP-S シームレスパイプのことですね。
溶接管ですとTP-Aです。
どちらも記載されていない図面がたまにありますので
要注意です。その様な場合は自分で思い込みをしない方が
良いです。トラブルの元です。

 

面倒でも顧客に問い合わせて、確認後材料手配を
した方が良いですね。

 

シームレスパイプの方が溶接管よりも肉厚が若干薄いです。
強度があるってことですね。

 

50Aぐらいのサイズが一番加工がやりやすいかなあーと
主観ですが、重くもなく扱いやすいと思っています。
この後ブラインドフランジにて気密性を確認して
水圧試験に移り、試験後表面仕上げをして納入しました。
内面はガスを流した方が溶接部が焼けないので

仕上げ時間が少なくてすみ、手間がかからないですよ。
(最近配管の仕事が続いてるなーと思っています。)

 

京マシナリーさんのホームページ

http://www.kyom.jp/index.html

 

50ASch10A冷却配管の製作のしかた。

SUS304 50ATP-S-Sch40配管をNWフランジと溶接した SUS304 50ATP-S-Sch40 SUS304 50ATP-S-Sch40 SUS304 50ATP-S-Sch40

 

 

 

 

Copyright© 2020 Kamimura corporation All rights Reserved
著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。