CMT溶接への道9

ものづくりだより371号
おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

CMT溶接への道9

 

今回はCMT溶接機でSS400の溶接を行いました。
試験材料は

SS400 T=20.0mm 突き合せ及び隅肉溶接です。

溶接ワイヤー
大同特殊鋼 DD50A

シールドガス
アルゴン+Co2 混合ガス

まとめ
CMT溶接機ですが軟鋼なので一般的なPUSH式の溶接トーチを
使用しましてパルスを入れましてスパッタのない綺麗な溶接を
目指しました。

パルスを使うことにより溶滴移行がスプレー状になり
スパッタが大幅に減少されますし、歪みも低減されるので非常に有効な
溶接工法です。私的に大同特殊鋼のDD50Aが非常に使い易くお気に入りの
ワイヤーです。ですが今回は神戸製鋼さんのSE-A50で行っています。

これのワイヤーはメッキレスなので銅メッキのこなが駆動部に擦れ落ちないのが
特徴でスパッタも少なく使い買って良いワイヤーです。

半自動溶接ですがビートも鱗状になり見栄えも良いですね。

CMT溶接機はアルミ溶接で真価を発揮しますがSSの溶接にもなかなか
付加価値が上がる溶接が可能となります。

参考サイト
総代理店愛知産業さん

大同特殊鋼さんのホームページ
https://www.daido.co.jp/products/weld/mild/index.html
神戸製鋼さんのホームページ
https://www.kobelco.co.jp/welding/catalog/index.html

 

CMT溶接への道9

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。