ブルーポイント コンパクト油圧プレス稼働しました。

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。
07.30.2021 ブログ更新
・画像追加しました。
・シリンダー駆動装置の油ぎれによる異音発生原因

ブルーポイント コンパクト油圧プレス稼働しました。

 

先日導入したハンドプレスを初めて使った
レポートです。

先ずは『めっちゃ便利が良い』です。歪取りに、あれやこれやと
道具を利用して、力任せで歪を取っていたこともありました。

これで解放されると思ったら、そうでもないのですが・・
でもかなり利用範囲が広がり、重宝しています。

 

性能

 

圧力:15 TON

ストローク:160mm

ベッドの稼働範囲:159mm〜549mm

門型間口:500mm

 

まとめ

 

 

初めて手動式プレス使いました。
ステンレス溶接を行って製品がステンレスという事で
歪みが結構発生します。
このままでは、納められないのでプレスで矯正しました。

写真の様に、製品中央部分を押しました。この時の
加圧力が僅か2トン前後。簡単に矯正が完了しました。
今まで持っていなかったことが不思議なくらい
便利な道具です。溶接に携わっている方は、ぜひ使ってください。

このプレスのパワーは15tonですがそんにな使う事が
あるのか疑問ですが、余裕があるに越した事はないですね。

これからもかなり期待できる道具になります。

15TON コンパクトプレス YASSP15

https://www.snapon.co.jp/products/info.php?pID=106&gID=137&pg=0&qID=8386

 

 

生産性向上になくてはならない道具箱

ブルーポイント コンパクト油圧プレス稼働しました。

 

 

下の画像のシリンダーを上下運動する為の可動部品が油ぎれを起こすと
すごい音が出ます。

スムーズにシリンダーを上下するためには可動部品に
こまめにオイルを塗った方が良いです。

Copyright© 2020 Kamimura corporation All rights Reserved
著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。