YZF-R6 チタンカバー及び強化ブラケットの取付け方

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

YZF-R6 チタンカバー及び
強化ブラケットの取付け方

YAMAHA YZF-R6

GIVIMONOKEYCASEV56


今日は弊社スタッフのYAMAHA YZF-R6  にGIVIMONOKEYCASEV56
取り付けるためにチタンカバーとステンレスブラケットを
強化しました。

改良

昨年、製作したものがベース板を取付けるところが若干
剛性が不足していたようで今回長期使用でも耐久力があるように
ブラケットを工夫してみました。

実機試験


ご覧の画像は弊社スタッフが夏季休暇を利用しまして北海道
ツーリングを計画し、行きは舞鶴港から小樽港まで新日本海フェリー
を利用しまして、道内各地を訪ね、函館から大間に
フェリーで渡り、キャンプ地を利用しまして下道にて
南下してきました。

期間は30日で走行距離は8000Km でした。
新品を履いて行ったのPIRELLI Diablo RoSSoⅢがリアのみ
スリップサインが出ていたので帰宅後交換になりました。

まとめ

途中ブラケット部分を2回程取付部の増し締めを
行なったそうですが、以前よりボルトの緩みが無いことが確認
でき、安心して荷物を積載しツーリングが続けられたそうです。

それにしてもスーパースポーツにGIVIボックスと取付けるという
アイデアは、滑稽ですね。

 

利尻島観光ポータルサイト

https://www.rishiri-plus.jp/

礼文島観光情報

http://www.rebun-island.jp/

YZF-R6 チタンカバー及び強化ブラケットの取付け方
凄い直線のオロロンライン
風力発電設備
稚内にて
いよいよ利尻島へ
利尻空港
利尻島一周後、礼文島行きのフェリーに乗船
閉鎖された礼文空港
上がったり下がったりの道路
釧路での直線
函館から大間へ渡る乗船待ち
万座温泉の近くでなんだか有名な場所だとか

 

 

スーパースポーツにGIVIボックスの取付け方

 

Copyright© 2019 Kamimura corporation All rights Reserved
著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。