溶接管理技術者経営ブログ

GSX-R400アルミフレーム補修事例

GSX-R400アルミフレーム補修事例

ものづくりだより467号
おはようございます。株式会社上村製作所 上村昌也です。
GSX-R400アルミフレーム補修事例のご紹介です。
LINE公式アカウントからのご依頼を頂き補修溶接を
させて頂きました。

ご依頼内容は大切にされていたバイクを整備されていたらエンジン取付部の
マウントがクラックが入っているのが見つかったとの事です。
実際にアルミフレームのクラック箇所を浸透探傷試験で確認してみると
からり深くまでひび割れが延伸してそうです。

作業は超硬でクラック部分を完全に除去することから始めました。
写真にて確認できますようにかなり深く入っていました。
ひび割れを除去後Tig溶接を低電流にて肉盛り溶接をしていきます。
アルミ鋳物なので低い電流にて溶接するのがコツです。
全体に肉盛り溶接ができ、取付に取付に干渉しそうなビートを除去して
作業は完了です。

オーナーさんはフレームの溶接部分を浸透探傷検査をされていたのも
判明し徹底されています。
ご自分でばらし組み立てられるそうなのでかなりの技術者です。
大切にされていたバイクが早く組み上がり公道にて走れれば良いですね。
参考
1988年式 SUZUKI GSX-R400 GK73A
お客様の声

 

◎LINE公式アカウントからのお問い合わせ

友だち追加

URL  https://lin.ee/5RPHEip 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP