タングステン電極の選定でお困りじゃないですか?

レア・アースタングステン

ものづくりだより47号
おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

今日はTig溶接に使用するとても大切なタングステン電極のお話です。

タングステン電極

TIG溶接時に消耗品の代表選手である電極棒は、各社から独自の名前で
販売しているものや、従来の規格品が次のようにあります。

・トリタン

・セリタン

・ランタン

・純タン

・三種混合(レアアース)

・ベスタン(ブランド名)

その他

原料はほとんどがタングステンですが、数パーセント他の元素が
混ぜてあります。
アークスタート性を良くしたり、耐久力を持たせたりと
色々です。

一時期レアアースが高騰し電極もかなり値段が上がりましたが、最近は
落ち着いている様です。そんなに騒がしくありません。

各タングステンの特性を生かした使用方法があり、組織に属している
作業者なら、会社購入した支給品を使うのがほとんどですが、
弊社みたいな零細企業なら溶接作業者の好み?なんかもありまして、
使い方はいろいろです。

次回、各特性や利用方法がありますので説明させていただきます。

 

危険極まりないトリウム入りタングステン!

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。