menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

危険極まりないトリウム入りタングステン!

ランタン

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

07.31.2020 最新情報にアップデート 
07.13.2020 最新情報にアップデート 画像を追加しました。

06.25.2020 最新情報にアップデート 画像を追加しました。

トリウム入りタングステン

 

TIG溶接に必要なタングステン電極棒の種類について述べたいと思います。

今日のお話は、放射性物質を含んでいる危険極まりない(ちょっとオーバーですが)

トリウム入りタングステン入り通称”トリタンです。

トリタンとは

 

TIG溶接に必要なタングステン電極棒の種類について述べたいと思います。
今日のお話は、放射性物質を含んでいる危険極まりない通称”トリタンに
ついてです。

識別



30年ぐらい前ではスタンダートな電極棒でした。先端の色が赤色

識別してあり、直流専用の電極です。直流専用ではランタンがありますが
こちらの商品が市場に出でくるのはもう少し先の話です。

以前はどこの溶接屋さんでもトリタンは一般的に使っていました。
というか直流に使うにはこのタングステンしかなかったような記憶を
しています。ところがトリウムが放射性物質を含んでいる金属であると
いうことがわかり、1990年頃
市場からはめっきり姿を消しました。

 

まとめ

 

在庫として販売しているメーカもあるようですが、代替えのタングステン電極棒に
変わっています。現在のスタンダートな電極棒は【セリタン】です。

セリタンにつきましては次回ご説明します。

最近、ネットでタングステンの事を詳しく解説されているサイトを見つけました。
トリタンが再販売されている様です。理由は被曝量がほとんど問題ない事、日常宇宙から降り注ぐ
線量の方がトリタンを触るより多い事、アークの安定性が良いのでウエルダーからの要望があるための事です。
トリタンについては否定もしませんし肯定もしないスタンスです。
各自が使いやすいパーツを使えば良いと考えているからです。

 

ランタン

 

 

 

ロールキャビネットを購入したので、整理整頓ができ、在庫状況も すぐに把握ができ、無駄を取り除く事ができました。

このページの内容と合わせて、参考になるおすすめコンテンツ