menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

片岡義男氏

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

学生時代に読んだ片岡義男氏の作品です。
当時処分した本をまた購入しました。もう30年以上たっています。
『彼のオートバイ、彼女の島』と『アップルサーダーと彼女』が好きです。

『彼のオートバイ、彼女の島』は長野県別所温泉の高原でカワサキW3に乗る
主人公のコウとミーヨが出会う物語です。オートバイが中心の物語です。
僕はミーヨの故郷、岡山県笠岡からフェリーで渡る白石島までは行けな
かったのですが、笠岡市まではいってきました。

『アップルサーダーと彼女』中の作品で『オートバイはぼくの先生』という
短編小説が有りますが片岡義男氏は次の様に言っています。

『自動車は面白くも何ともない乗っていてもすぐに飽きてしまう。窓が
テレビジョンのように思えてきて退屈この上ない』

『オートバイは飽きない。見ただけでも胸がときめく。オートバイは
ごまかしがきかないから好きだ。ごまかしたらいつかしっぺ返しがくる』

『オートバイは偉大な先生で僕は弟子。弟子と先生が一緒になってやるべき
事をやり学ぶ事を一つずつ学んでいくプロセス。これがオートバイの楽しさ
だと、僕は思う』と片岡義男氏は小説で書いてます。

これは僕の大好きな台詞の一つです。仕事も同じで一つずつコツコツと
前進していく事が目標に達成する原理原則です。

オートバイは僕の先生

片岡義男
オートバイは僕の先生