溶接技能者資格 再評価試験事例

溶接技能者資格 再評価試験事例

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。
本日、再評価試験を受験しました。
いつも良い感じはしませんが、仕事をしていく上で
必要な資格なもので・・

溶接技能者資格 再評価試験事例

 

日時

 

令和2年7月23日
長岡京市 ポリテクセンター京都 F棟実習所

 

受験種目

 

T1-F

SS400 t=3.2mm 下向き基本級

 

まとめ

 

新型コロナウィルスの影響により試験が延びていましたが
今月から再開されました。

証明書の有効期限が切れる方には特別措置をとってもらえまして
延長が可能でしたが、今月より試験が再開されましたので
本日受験しました。

 

以前ですと、試験開始前に溶接協会の長い長い説明がくどく話され
その話を立って聞いているだけで、非常に疲れたものです。

 

今回から、三蜜を避けるために事前に溶接試験の注意事項が配られ
理解するようになっています。これって非常に良い思いました。
わからない事があれば、当日聞けば良いわけでして、全然問題ないと思います。

 

協会の方には、失礼ですが、今まではなんだったのかと思います。。
今後この様に、されていくものと考えられます。特に問題ないですから。

 

もっとよく言えば、受験者全員午前8時集合ではなく、グループ毎に決められた時間に
集合時間がある訳ですからその時間に受付をすれば、蜜をもっと防ぐことにできます。

 

受験者全員8時集合で、受付場所はかなり蜜状態でした。

京都府溶接協会さんのホームページのご紹介

http://www.kyoto-yousetu.server-shared.com/

 

アーク溶接技能者資格再評価試験を受験した

必続【溶接技能資格再評価試験】

溶接技能者評価試験はこんな感じです。バックシールド治具があれば安心!!

溶接技能者資格 再評価試験事例

事前練習をしたサンプルです。

溶接用治具があれば作業が簡単

 

 

 

Copyright© 2020 Kamimura corporation All rights Reserved
著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。