ウエルドクラフトTIGトーチを更新した

ウエルドクラフトTIGトーチを更新した

ものづくりだより380号
おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

長年愛用していたウエルドクラフトWP-280
TIGトーチのパワーケーブルが、ひび割れを
起こしたことによる水漏れが発生しました。

WP-280は小型•軽量でとても使いやすい
スーパークールテクノロジーを採用した次世代トーチ
という触れ込みで登場した優れ者でした。

しかし最近のケーブルは耐久性が低いように感じます。
実は3年前にもパワーケーブルのみ交換したのですが
早々水漏れが発生しました。諸条件もあるかと思いますが
劣化が早いように感じられます。

パワーケーブルも小型化の為、CS310よりも細くなって
いるので
ヘビーユーザーには向かないのかも知れません。
特に交流電流の使用頻度が多いユーザーには注意が必要です。

そんなん事がありましたが今回導入したのは
ウエルドクラフトCS310です。
こちらは過去に5セット程購入した実績がある
製品です。ケーブル類はソフトで柔軟性があります。

国産溶接機メーカー純正トーチも悪くないのですが
重く柔軟性に欠けるのが使わない理由です。
改良の余地があると考えるのですが

お堅いメーカーなのでイノベーションは起きません。

 

参考

ウエルドクラフト
https://www.lamerco.com/catalogs/CL_TIGTorch_Accessories_180422ssc.pdf

 
友だち追加

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。