神戸製鋼溶接材料値上げの段

ものづくりだより372号
おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

神戸製鋼溶接材料値上げの段

仕入れ先である大陽日酸G&Wさんから神戸製鋼溶接材料の
値上げのお願いが来ました。

昨年2回の値上げにつづき今回4月以降値上げの要請です。
ステンレス鋼用を除く全種類らしいです。決まり文句が
記載されており今更めずらしいわけでもありません。

ステンレス材料も4月以降2段階で上がるとの情報も
入手していますし、そうなると完全に30年ぶりのインフレモードで
嶋中雄二さんの書籍によると
キッチン(平均で4.9年サイクル)、ジュグラー(同9.6年)、
クズネッツ(同25.6年)、コンドラチェフ(同56.0年)

が2025年に重なりゴールデンサイクル突入するそうです。

これにつられて加工費が上がれば人件費も
上がり良いインフレになるのですが‥

参考
ニコライ・コンドラチエフ
大和証券

神戸製鋼溶接材料値上げの段

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。