menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

Kawasaki ZX-10R

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

Kawasaki ZX-10R

 

ジョナサン・レイの活躍でチャンピオンマシーンに君臨している
Kawasaki Ninja ZX-10R そんなオートバイを預かり
スイグアームスタンドフックを補修溶接しました。

フックを縁石にぶつけられたのでクラックが入ったそうで
補修溶接の依頼を受けました。

 

工法

・アルミTig溶接

・新聞紙でホイル等を養生します。

・塗装をリムバーで剥がします。

・クラックの入った部材及びスイングアームをきれいにクリーニング

・クレーンで後輪をつり上げます。

・部材を予熱します。その方が低い電流で溶接ができるので
アンダーカット等の欠陥が発生がしにくくなります。

Tig溶接にて慎重に作業を進めます。

 

パラメーター

電源装置:Panasonic YC-300BP4 AC
溶接電流: 180A
交流周波数:200Hz
溶加棒: A5356BY φ1.6 2.4
電極: 純タングステン
シールドガス : Ar
予熱 : 150℃

まとめ

 

クラックの入ったところが、下部に取り付けられているので
後部をリフトすることが必要でした。
スリングでバランスを取りながらホイストでつり上げられたので
作業はやりやすくなりました。

 

スイグアームはアルミ鋳物で造られています。
鋳物は溶接条件が案外良くないのです。
きれいにつきませんし、ちょっとした慣れが必要です。

 

しかし予熱を行うことでかなり条件が良くなりまして
作業がしやすくなります。やってみれば直ぐに実感できます。

 

Kawsaki ZX-10R

ZX-10R ジョナサン・レイの活躍でチャンピオンマシンに

リムバーをホイル等につかないように新聞紙で養生

車輪止めが役に立っています。

上手く外れてくれたフック。 周囲をリムバーで剥離

もっこり溶接を行いました。

 

 

 

作業はこの状態で行いました。

 

 

生産性向上事例

 

Copyright© 2021 Kamimura corporation All rights Reserved
著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止