アルミ溶接シャーシ加工事例

アルミ溶接シャーシ

おはようございます。
溶接管理技術者の上村昌也です。

アルミ溶接部品のご案内です。

材料はA5052 t=20,t=15mm
585×180×135

アルミ部材を溶接前加工にて、全て加工しました。
溶接変形が起きないように治具を作成し、溶接作業を実施。

突き合わせ部は、V型開先加工を行い、アセトン洗浄後ワイヤーブラシ
にて酸化皮膜を剥離後、溶接を行いました。

寸法の狂いがないように製作できました。
今回は溶接後の機械加工はいたしません。

アルミ溶接シャーシ

https://www.kamimura.co.jp/arum-yonetsu/

 

アルミ溶接シャーシ加工事例

アルミ溶接シャーシ 上村製作所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。