ジュラルミンを溶接した

ものづくりだより367号
おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

ジュラルミンを溶接した

 

今回はTig溶接機でA2017ジュラルミンの溶接を行いました。
材料は
A2017  T=25.0mm 200×480 隅肉溶接です。

溶加棒
A2319BY φ3.2mm

シールドガス
He+Ar

まとめ

ネットからの問合の新規のお客様です。
A2017の溶接するところをお探しでして、弊社に問合がありました。
納期調整後溶接作業をいたしまして、歪みをプレスにて矯正し
お納めしました。

ジュラルミンの溶接はちょっとしたコツが必要でして、過去の経験値ら
パラメーターや工法のデーターを参考にすれば問題なく出来上がりました。
弊社は出来る限り溶接をしたままおさめるのではなく、歪みもちゃんと除去しまして
納入させて頂きております。

 

参考サイト
日軽産業さんのホームページ
https://www.nikkeisangyo.co.jp/products/shinsen/manual.html

ジュラルミンを溶接した

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。