【アルミニウム溶接技能者評価試験】

アルミ溶接評価試験

おはようございます。

溶接管理技術者の上村昌也です。

【アルミニウム溶接技能者評価試験】

再認証試験の案内が届きました。

3年に1回実技試験にて再認証を受けなければ適格性証明書が失効します。
よって6ヶ月前から”再認証試験”の受験申請をする必要があります。
今回も薄板(3mm)、中板(8mm)の基本級、専門級の受験をする事に
なるのですがステンレスやSSと違って、アルミニウム溶接試験は、
受験費用がかなり割高で試験会場が『株式会社ダイヘン六甲事業所』
になり一日仕事です。(日程によりパナソニック豊中でもあります。)

 

証明書の有効期限が2017年10月31日迄なので、今からの申請ですと
9月受験となります。他の溶接資格証明書とかぶる年次があるので
せめて5年の有効期限なら良いのですが。

 

軽金属溶接協会のホームページのご紹介

アルミニウムのティグ溶接・ミグ溶接の技能をJIS Z 3811
(アルミニウム溶接技術検定における試験方法及び判定基準)
に基づいて試験する資格認定です。

http://www.jlwa.or.jp/qualification/weld/index.html

 

WES 8103 溶接管理技術者試験(再認証試験)

https://www.kamimura.co.jp/wes8103/

 

アルミ溶接評価試験

アルミ溶接評価試験 上村製作所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。