A1050 0.5mmを溶接した

ものづくりだより358号
おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

A1050 0.5mmを溶接した


今回はA1050 0.5mmを溶接した!のご案内です。
このサンプルも15年ぐらい前のものです。

大手重工業さんからホームページからの問合せで
A1050 0.5mmを突き合わせ溶接で直径1000mmの
モックアップタンクを製作が可能なメーカを探していると
言う話でした。

もちろん弊社としましてもそのような薄物の実績があるわけでもなく
ましてやアルミ溶接となると難易度が上がりますが、チャレンジ精神が
旺盛でしたので、まずはサンプルからの製作からはじめました。

顧客と何度か試作品をやり取りしてモックアップの製作を受注しました。
仕様はA1050 t=0.5mm突き合わせ溶接長680mmです。
タンクは2シームで製作しますので一発勝負が2戦あります。

溶接時間がとても長く感じた記憶があります。溶接中は
早く終わってくれと祈っていました。

無事溶接ができタンクに組み上げて浸透探傷試験にもパスし
納入できました。

溶接機はPanasonic YC-300BP2でした。このデジタル機がないと
出来なかったと思っています。

参考

Panasonic TIG溶接機

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。