アルミ溶接部品

アルミブラケット

おはようございます。
溶接管理技術者の上村昌也です。

アルミ溶接部品のご案内です。

小さな部品で隅肉溶接が案外やりにくい形状です。
直角があまり狂わないように、溶接の順序やスマット(黒いスス)が
溶接金属の周りに発生しないように工夫が必要です。
スマットはワイヤーブラシで強くこすると取れますが母材に傷が入る
のと、手入れをせずにそのままアルマイト処理をしたらスマットは
残りますので美観が悪くなりますね。

溶接後は、機械加工にて寸法公差に収まるように仕上げ加工は
行いますが、溶接による変形等は見た感じも良くないし最悪の場合、
機械加工の引きしろがないような事態に至る事もありますので、精度
良く組み立てる事が必要です。

アルミ溶接小物部品

アルミブラケット

アルミブラケット 上村製作所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。