menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

リン脱酸銅パイプ溶接

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

今日のご紹介はリン脱酸銅(C1220)パイプ溶接品です。

材料
リン脱酸銅(C1220)φ50×1.5mm
無酸素銅(1020)T=1.5mm

要領はパイプを45°切断後1.5mmのプレートに
タップ溶接を行いました。

この作業は材料が薄いのでものすごく切断しにくい代物です。
メタルソーで慎重に作業を進めました。

リン脱酸銅は溶接時に水素脆化をおこす心配のない
材料です。よって
溶接接合を可能とする材料として
しられています。

溶接後、焼け処理除去の酸洗いをしまして
変色防止のため
写真のように、アルゴンガスを注入しました。

大気により銅の表面が酸化を起こすのを防ぐための処置なので
お客様のもとへ、届くまでは変色の心配はありません。
特に変色については要求させていませんが、この手間をかける
ことにより
商品価値の上がりますね。

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2020 Kamimura corporation All rights Reserved
著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止