menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

アルミ溶接には純タングステンを使おう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
純タン

おはようございます。

溶接管理技術者の上村昌也です。

TIG溶接の際に使用するタングステン電極でタングステンが100%に近い

金属で通称”純タン”と呼ばれています。

使用用途は、交流専用でアルミ、真鍮などの溶接に適用します。
昨日ご説明した”セリタン”も交流に適用できますが、アーク溶接中
タングステンが溶接金属に混入してはならない場合、
純タンでしか使用できません。

純タンはジィー、ジィーとアークのスタート性はあまり良くないのですが、
電極の先端を研ぐ必要はありません。とがらすと溶け落ちて、溶接金属に
混入してしまいますので丸いままでも問題ありません。

純タン

純タングステン電極

このページの内容と合わせて、参考になるおすすめコンテンツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。