menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

チタン配管溶接技術

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。
今日はチタン配管溶接加工品のご案内です。

チタン溶接技術

材料

TTP340配管用チタン(2種)

TP340 配管用です

工法

 

機械加工で出来上がったニップルと配管を溶接しました。

溶接法

ジグ(今回はアルミ箔)を使いチタン溶接に必要な大気からの
遮断をコントロールします。

内部にバックガスを均一に充填できる様に供給経路にもひと工夫。
(これが大切!)

このジグさえしっかり出来ればあとは慎重に溶接を進めば、
コンタミネーションがない
健全な溶接が出来ます。

隅肉溶接部にもバックシールドをして健全な溶接を目指します。

まとめ

 

今回もホームページからのお問合せで製作依頼を受けました。
溶接後耐圧試験も希望されましたので、要求通りの水圧2.5Mpa
にて圧力試験をしました。

 

チタン配管溶接品です。隅肉溶接にもコンタミネーションは見られません。

溶接色は銀色+熱影響部は小麦色です

円盤も両面隅肉溶接をしています。

耐圧試験は2.5Mpa

1時間放置しました。

 


Copyright© 2020 Kamimura corporation All rights Reserved
著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止