A2017ジュラルミンフランジ溶接時の注意点

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

A2017ジュラルミンフランジ溶接時の注意点

材料はA2017ジュラルミンです。
φ235 厚み123mm

工法

・Tig溶接

・リューターにて開先加工。

パラメーター

電源装置:Panasonic YC-300BP4 AC
溶接電流: 215A
パルス電流: NA
パルス周波数: NA
パルス幅: NA

交流周波数:200Hz
溶加棒:A2319BY 3.2mm
電極: 純タングステン
シールドガス : He+Ar
予熱 : 200℃

まとめ

ジュラルミンは溶接部の割れが発生しやすい非常にデリケートな材質です。
特に厚みのあるフランジなどは冷却スピードが速いので、溶接部の
クラックの発生原因です。

その問題解決をするには溶接部がゆっくりと冷却されるようにあらかじめ材料に
予熱を行い溶接後、
冷却速度を遅らせる事が肝要です。
それにより溶接部の割れは防げます。

正しい原理原則がわかれば、後は作業を進めるだけで割れなどの心配は無用です。

 

参考

日軽産業さんのホームページ
https://www.nikkeisangyo.co.jp/products/shinsen/kikaku.html

 

A2017ジュラルミンフランジ溶接時の注意点

あえて全周溶接を行っていません。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。