TN-F溶接試験用特注治具を製作

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

TN-F溶接試験用特注治具を製作

 

新規のお客様からの依頼でTN-F検定用溶接治具を製作しました。

今回は標準仕様の検定治具ではなくステンレスTig溶接長450mmに対応する
ハードスペックのご依頼です。このような溶接長が長い治具の製作実績が
なかったために
SS400にて性能試験用治具を製作する事にしました。
果たして結果は‥

 

性能試験用材料 SS400 t=6.0 180×450

工法

・Tig溶接

パラメーター

電源装置:Panasonic YC-300BP4 DC
溶接電流: 120A
パルス電流: NA
パルス周波数: NA
パルス幅: NA

交流周波数:Na
溶加棒:TG-S50 2.0mm
電極: レアアースタングステン
シールドガス : Ar
バックバス : Ar
予熱 : NA
直後熱:NA
開先角度 40°

まとめ

SS400でのテスト結果は仮付箇所が両サイドと中央の三箇所で
試験をしましたが、歪みが思ったよりあったので、仮付箇所を
4箇所増やしまして合計7箇所にて、ルートギャップを2mmにしまして
裏波量を増やした結果、変形もかなり抑えられ良好な結果となりました。

条件の裏付けが取れましたので、SS製から治具をステンレス製に変更して
製作しかかりました。ここで問題点は、シールドガスが全体にうまく
行き渡るかが重要です。シールドが完璧にできないと良好な裏波が
出ないので、溶接欠陥となり曲げ試験で破断します。

そのような事が無いように標準仕様のシールド工法を活用しながら
長尺材に対応できるように工夫をしまして、治具が出来上がりました。

実際の試験材料5mmで実機にて試験を行った結果、良好な裏波が
出ました。正直、裏波状態が一番心配な箇所でしたが、ホッとしました。

この後表面仕上げを行い、お客様のもとへと発送しました。

 

 

参考

日本溶接協会さんのホームページ

 

 

TN-F溶接試験用特注治具を製作

こちらはSS用試験治具

SS試験2回目の結果

実機にて性能試験を行いました。材料サイズは5mm L=450mm

3層にて溶接しました

裏波は良好に出ました。

TN-F溶接試験用治具

溶接初層の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。