menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

S45C溶接のしかた

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

07.09.2020アップデート

TG-S80AM 画像を掲載しました。

06.25.2020アップデート
神戸製鋼のTG-S80AM品薄状態が続いている様です。

S45Cの溶接のしかた

 

材料

 材質 S45C  直径Φ255 厚み145mm 

溶接法

直径Φ255 厚み145mm 材質S45C の溶接依頼を受けまして
作業を行いました。

中央に開けてある穴径の公差(H7)が厳しく、溶接による熱変形を
発生しない
ように、なるべく低い電流でかつ溶接部の割れが発生
しないように
施工しました。

S45Cは炭素含有量が多いため低温割れを起こします。
溶接割れを起こさないようにするためには、母材の温度を200℃まで
予熱を実施しなければなりません。このように余熱をすることで
割れは防止できます。

これは予熱を行う事により、溶接後に母材の温度が
急に下がらない様に温度を保つためです。

溶接はTIG溶接でパルスを用いて入熱を抑え作業を進めていきます。
溶加棒は神戸製鋼TG-S80AMを使いました。


最終検査

2日間、溶接製品を寝かせ溶接部を確認しましたが、異常は確認されず
公差も問題なくクリアできました。

まとめ


溶加棒につきましては、強度が必要でない場合、TG-S50を使用する場合も
あるようですが、今回はTG-S80AMで溶接作業を実施しました。

S45CとSS400 →TG-S50 予熱が必要であるが強度的に問題無いの
であれば可能



 

反対面も溶接しています。

 

 

 

 

Copyright© 2019 Kamimura corporation All rights Reserved
著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止