menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

ジュラルミンは溶接ができないのか?(A2017)

ジュラルミン溶接品


A2017ジュラルミン溶接品


おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。
今回はジュラルミン溶接品のご案内です。

07.09.2020 ブログアップデート

材料

A2017 T=30mm W=455 D=360

ジュラルミンはアルミニウム、マグネシウム、銅を含み
その中でも厄介な銅を含むため溶接には注意が必要です。

 

溶接法

 

特に材料が厚板の場合、タック溶接はクラックが入るのでしっかり溶加棒を入れることが肝要です。

また今回の溶接品は2層盛りをしていますのでパス間温度管理も重要で
慎重に作業を進めました。

PTにて溶接欠陥を試験しましたが問題なく完了しました。

ジュラルミンは今回溶接したA2017,超ジュラルミンの2024,超々ジュラルミンの7075
などがありますが、亜鉛を含有している7075は溶接ができません。

弊社では2017,2014,2024の板金加工、溶接品の実績があります。

 

溶接パラメーター

 

溶接機 Panasonic YC-300BP4
溶接ガス He+Ar(岩谷瓦斯)
溶加棒 A2319BY 3.2mm(住友電工,サフラ)
タングステン 純タン3.2mm(Plansee)
溶接電流 220A
余熱温度 200℃

以上参考値

 

まとめ

 

しっかりと母材に溶け込まないと割れが発生します。
特にジュラルミンは5000系に比べ溶け込みが浅い様に見受けられますので
そのためにも、予熱を行い慎重に作業を進めていく事が肝要です。

 

ジュラルミン溶接品

ジュラルミン溶接品

ジュラルミン溶接品

ジュラルミン溶接品

 
 
 
 
 
 
 
 
このページの内容と合わせて、参考になるおすすめコンテンツ