アルミ溶接のコツ

アルミ溶接ブラケット

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。
以前に製作した品物の類似品のアルミ溶接部品です。

A5052 T=20mm 250×180×220


溶接機 パナソニックYC-350BP4
溶接電流 210A
純タングステン 3.2mm
溶加棒 3.2mm
シールドガスAr+He


前回に作った溶接施工記録のもとに溶接を行なったので

写真の通り、ちゃんと溶け込みが出来ています。

こちらのような部品は機械加工屋さんからの依頼で良くやっています。
健全な溶接は、溶接士の技量も必要ですが、溶接パラメーターや
前処理も重要な要素です。

 

軽金属溶接協会 Q&A ページ

http://www.jlwa.or.jp/faq/index.html

 

A5052

A5052

 

 

 

 

 

 

A5052

A5052

 

 

 

 

 

 

 

アルミ溶接(TIG欠陥対策)の欠陥で困っていませんか?

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。