アルミ溶接専用ラインを構築したらブローホール軽減に効果があった

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

アルミ溶接専用ラインを構築したら
ブローホール軽減に効果があった

A2024超ジュラルミン溶接にてお客様と数々の検証結果
ブローホールの低減策を施しましたが、ガス供給ラインの
接続部をネジ止めとした方が良いと考え対策をしました。

ガス供給ラインは『サンアーク・スーパードライチューブ』を
購入しました。

今まではワンタッチジョイントとしていたのですが
こちらの方がより漏洩がないので良いかと考えています。

ただ、ネジ止めにしてしまうと、ヘリウムガス専用となるため
他のガスへの切替が出来ません。いちいちナットを外して
別のホースをナットがけするなんてナンセンスです。
思い切って新規にBP4を増設した次第です。

これで安心して超ジュラルミンの溶接作業が出来ます。
結果も良好な判定が出ています。

参考
軽金属溶接協会さんのサイトから

http://www.jlwa.or.jp/faq/50.html

 

アルミ溶接専用ラインを構築したらブローホール軽減に効果があった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧バージョンですが、パナソニック YC-300BP4 増設し溶接のパフォーマンスが向上

 

 

Copyright© 2021 Kamimura corporation All rights Reserved
著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。