SUS304 0.1mmを溶接した

SUS304 0.1mmを溶接した

ものづくりだより355号
おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

今回はSUS304 0.1mmを溶接した!のご案内です。
といっても実際に溶接した時期は20年近く前の話です。すみません。

ホームページからの問合せでSUS304 0.1mm板をつきあわせで
溶接出来ないか!
という、とんでもない話が舞い込んできました。

当時はデジタル機がなかったのでインバーター機で最小電流が
10Aぐらいだったと記憶していますので、とてもとても溶接が
できない状態でした。


いろいろ調べたところダイヘン製マイクロティグが1Aからアークが出るのが
わかりましたので、ダイヘンさんのマイクロティグを知り合いから
お借りしまして、溶接をしました。

実際には数アンペアで溶接をしてもすぐに破れて物になりませんでした。
試行錯誤の末、何度も何度もチャレンジしましてやっと母材が破れずに
溶接することに成功しました。溶接長は70mmでした。

写真は失敗作が残っていたので写真に撮ったサンプルです。

溶接が可能となる条件は、まずは切断が肝要です。
突き合わせのクリアランスが板厚の10%以下が目安です。
ほとんど目視できないです。

でもその約束を守らないと破れてしまったのですね。

その前準備ができればあとは溶接線を外さないように
ひたすら息を止めて走るだけです。溶接プールはほとんど
見えませんでした。もちろん自動機ではありません。
作業者がハンドにて施工したサンプルです。

 

参考

マイクロティグ

SUS304 t=0.1mm

完璧に溶接ができたと思ったら最後にぽっかりと

sus304 t=0.1mm

繰り返しチャレンンジするも‥

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。