ステンレス水槽を水張り試験で漏れを確認している様子!

sus304水槽

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

07.14.2020 ブログアップデート

 

ステンレス水槽製作ご案内です。

 

材料

SUS304 T=1.5mm W=1480mm D=855mm H=320mm

 

溶接条件

溶接機 Panasonic YC-300BP4

直流電流 5A〜155A

パルス周波数 11Hz

シールドガス Ar

タングステン レアアース2.4mm

溶加棒 1.0mm 1.2mm

【参考値】

 

まとめ

水槽なので当然水漏れは許されません。全周溶接にて製作をいたしました。
薄板であり、ソケットが多数あるのと側板と底板の板厚が違うため曲げ構造が
取れなかったので、溶接にて製作をしなければならなかった点が歪み発生の
元です。

歪み防止の治具を取り付け、部分的ににて歪みを取りましたので
美観的にも悪くないものが出来上がりました。

試験ですが各ソケットにプラグをするのが結構大変なんです。
水槽に水を張り24時間放置しています。気温変化による形状確認のためです。
なお、試験後ソケットを外した後、シールテープはワイヤーブラシ等で
擦れば
簡単に除去できます。

試験合格後、酸洗い処理を業者に依頼しました。

 

sus304水槽

sus304水槽 上村製作所

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。