menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

ステンレスマニホールド製作技術

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。
今日はステンレスマニホールドのご案内です。

ステンレスマニホールド製作技術。

 

材料

SUS304 2’1/2 3′ 溶接用鋼管 テーパーソケット

工法

SUS304 3in 2 1/2ソケットのマニホールドを製作しました。
各試験機でよく使用される配管部品です。
今回は枝管になるパイプが主管の内面に沿った形状に突き刺さってあります。
径の大きいパイプですから機械加工で削ってもらいました。

同じくソケットの方もワイヤーカットにて形状を合わせて頂きました。
おかげさまで作業は非常にやりやすく、精度良く仕上がりました。

溶接パラメーター

電源装置:Panasonic YC-300BP4 直流
溶接電流: 115A
交流周波数:※
溶加棒: SUS308L φ1.2 1.6
電極: レアアースタングステン
シールドガス : Ar-H2
予熱 : ※

まとめ

溶接後は水圧試験です。仕様書によりますと1Mpaにて1時間状態を保持し
溶接各部より漏れのない事を確認の事と記載されています。

なかなか圧力が落ちつかない様子です。決して漏れているわけでわありませんが
しばらく時間を要します。メーターの針が落ち着けば測定開始です。
1時間後確認をしましたが、漏れなく試験合格です。

 

この3in配管の水圧試験には手こずりました。漏れない様にパイプエンドにキャップをするわけですがキャップを締め付けるのが非常に力がいるのと外す時に焼きつきを起こさない様 工夫する必要がありました。

3inのソケットの高さ測定中

 

 

 

 

 

 

 

耐圧試験の様子。水圧1.0Mpa各部より漏れがないかを試験中。

Copyright© 2020 Kamimura corporation All rights Reserved
著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止