旋盤屋さんその2

ものづくりだより368号

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

旋盤屋さんその2

現在製作中の配管に使うフランジを旋盤屋さん加工を
お願いしました。200Aに使うインチサイズのフランジなので
旋盤屋さんが生爪を加工指定欲しいとの事でした。

こちらで行ったことは生爪にブロックを溶接しただけで
その後は旋盤屋さんがチャッキングできるように、自分で
加工されるそうです。

このように職人さんは自分の手で作業がしやすいように
治具を製作していくのですね。
弊社でもそうですが、加工がしやすいように
自社のノウハウを用いて治具を製作します。
ちょっとした生産技術です。このように試行錯誤の
改善が出来るようになれば技術者として一人前になっていきます。

守破離っていう言葉があるように
守→親方の真似をする
破→親方の真似が出来るようになり少し違うやり方を考え出す。
離→全く違う独創的なやり方を考え親方を超える

このことができれば最高ですね。

 

参考サイト
工作機械のイロハさん
https://www.kousakukikai.tech/

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。