MAG溶接欠陥と対策

ものづくりだより375号
おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

MAG溶接欠陥と対策

先日製作した部品が溶接欠陥(ピンホールとブローホール)が
見つかり補修溶接を行いましたが、要求公差から外れるため
これ以上削れないという事で、再製作となりました。

まずピンホールですが機械研磨後発見されました。写真では
ほとんどわからないレベルです。
ブローホール関しては融合面の溶け込み不良でした。

原因
・トーチの角度が悪かった
・溶接金属の冷却速度が早すぎた
・混合ガスを使っていた

・溶融金属内の脱酸反応が弱く溶融金属の動きが弱い

などでした。

対策
・シールドガスをCo2に切り替えることにより
 溶融金属がよりアクティブになる
・使用ワイヤーをTi入りのMAGワイヤーを使用する
・急冷にならないように予熱を行う

まとめ

事例集に参考になる情報が掲載されていました。
まず、予熱を実施しTi入りのMAG溶接ワイヤーに切り替えまして
パルスMAG溶接にて
再度やり直していくことに決まりました。
パルスの周波数に関しましても見直しします。

このような欠陥が発生しなようにするためにはCo2溶接の方が
良いようです。MAGで行うならパルスは必須の様です。
溶融池の活性化が必要になるわけです。

結果は後日、アップします。

参考サイト

MAG溶接欠陥と対策

外観検査とPT試験

上の部分が仕上げ仕上しろが無い状態

この部分

無欠陥

無欠陥

事例集

TI入りのミルシート

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。