ホンダeの骨格はこんな感じだった

ホンダeの骨格はこんな感じだった

ものづくりだより393号
おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

続きまして東7ホールでの展示品です。

ホンダe のフレーク構造を展示されていました。
こちらはアルミではなく高張力鋼板ハイテン鋼
ホットスタンプ材をを多用した構造になっています。

鋼板は比重が7.8 アルミニウムが2.8 すなわちアルミニウムに
比べて約35%増になるわけです。そんな不利な状況を
打破できるのがハイテン鋼やホットスタンプ材です。

理由は簡単、通常の鋼板では質量が重いため薄くすれば
軽量化できますが強度が得られないために相反するところですが
ハイテン鋼なら引張強度が1500Mpa級の強度が得られます。
ちなみに一般に用いられている冷間圧延材では300Mpa前後です。

この違いを見比べるとハイテン鋼の強さが一目瞭然ですね。
ところが硬いが所以に整形性が悪いのが欠点です。
自動車の構造は複雑なので単純な曲げ構造はありません。
またプレス曲げ精度も必要です。

そんなハイテン鋼の弱点をカバーしたのがホットスタンプ工法です。
鋼板を900°まで熱して熱間プレス整形しプレスの金型を接触しながら
冷却する事により1500Mpa級の強度を保ちながら精度保持が
可能となりました。

すごい技術ですね。やはりこう言った技術は日本が優れているのです。

参考
開発元の日本製鐵さんのホットスタンプ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。