menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

アルミ溶接時の注意点を教えてください

アルミニウム合金溶接施工法

溶接施工にあたってはより良い溶接結果を得られるために、
SS,SUS以上に注意点がある。
ここではTig溶接を例にピックアップしてみました。
•材料、識別などを明確に理解し適正な溶接材料を適用する。

•乾燥したきれいな材料を用いる。
•適正に保管された溶接材料を用いる。
•シールドガスが阻害されないよう注意をすること。
•母材の継手部分を洗浄すること。
ステンレス製ブラシで強くこすり表面の酸化皮膜をめくること。
アセトンやアルコールで継手部を拭くこと。

これだけのことでも良好な溶接品質に施工できます。
後は作業環境をきれいにし丁寧に溶接すれば
良好な結果が得られると思いますよ。

ブローホール対策その2
アルミ溶接の際のブローホールでいつも悩まされていましたが、
最近パージホースをガスライン用とトーチインナー用に
交換すればかなりの効果で溶接欠陥の低減が見込める事が
立証出来ている見たいです。弊社もガスライン用を交換しましたが
トーチインナー用が交換出来ていない状況です。近日中に交換予定です。
うまく行けば、溶接補修も減り不適合品の流出を減らせるので良いと思います。