配管改修作業を行なった40A-S80

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

配管改修作業を行なった40A-S80

お客様のからの依頼で配管の改修作業を行いました。
作業内容は、現在使っている配管を取り外して逆止弁を
取付ける作業になります。

大変古い配管なので何かと厄介な作業をたくさん有りました。
溶接後、組立会社さんが復旧作業をされ無事稼働できました。

工法

・Tig溶接

パラメーター

電源装置:Panasonic YC-300BP4 DC
溶接電流: 130A
パルス電流: NA
パルス周波数: NA
パルス幅: NA

交流周波数:Na
溶加棒:TG-S50 1.6mm
電極: レアアースタングステン
シールドガス : Ar
予熱 : NA
直後熱:NA

まとめ

この作業は、切断が思うようにできなかったので
かなりの工数がかかりました。なるべく後工程を考え
精度良く切断がしたいのが、本音です。

しかしチャッキング出来るところがなく色々考えましたが
現場作業用の切断機を引っ張り出し、なんとか思い通りの
作業ができました。

今回活躍した工具はASADA パイプソー200SPです。

配管屋さんなら殆どのところが使っておられると思われる
必需品の道具です。

切断後はデメラー3Dテーブルにて寸法出しを行い溶接作業を実施しました。
デメラーがあると寸法出しが非常に便利で精度もちゃんと出せます。

溶接後漏れ試験のため浸透探傷試験にて確認を行いました。

 

参考
ASADAさんのパイプソー

 

 

 

配管改修作業を行なった40A-S80

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。