menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

GSX-1100Sアルミ溶接技術(タンク補修編)

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

今日はアルミ溶接技術のご案内です。

ネットからのご依頼でアルミ製燃料タンクの改修作業を
致しました。

 

材料

アルミ製 詳しくは不詳

工法

・Tig溶接

溶接パラメーター

電源装置:Panasonic YC-300BP4 交流
溶接電流: 110A
交流周波数:200Hz
溶加棒: A5356BY φ1.6,
電極: 純タングステン
シールドガス : Ar
予熱 : NA

まとめ

 

ネットからのご依頼をいただきました。
オートバイの特注アルミ製燃料タンクを改修いたしました。
バイク好きならタンク形状を見ただけですぐにわかりますね。
そうですカタナです!

本来はGSX-1100Sの燃料タンクは鋼製でオーナーさんは
特注でアルミ製に交換されたそうです。

状況判断ですが、タンクとフレーム取付部分に応力がかかり、振動でクラックが入り、
時間の経過でどんどんドンドンと亀裂が延伸して行った様です。

今回応急処置として、フレームに取り付けるタンクのステーが、
割れていたのでアルミ板で補強し、全周溶接をしました。
普段は塗装品を取り扱う事がないのですが、今回は特別対応させて頂きました。

私の20代に発売されたオートバイで、斬新なデザインで注目が
されたオートバイでした。しかしながら、昭和50年10月の道路法改正で
自動二輪車の限定制度が設けられました。
小型、中型、大型と3段階に区切られ、特に大型免許は都道府県の
運転免許試験場でしか取得できませんでした。

これが大変な事でして、ほとんどのライダーは中型免許取得がやっとの事でした。
大型の試験に何十回もチャレンジして取得して方もいらっしゃいました。

そんな事でKATANAが発表されたのは、道路法改正後の5年後1980年でした。
日本での発売は少し後の1982年で規制の関係で750ccでの発売でした。

日本仕様はターゲットデザインが描いた形状とは少し違い、これも日本の規制で
ハンドル形状が、オリジナルのかっこいいセパハンではなく『耕運機』と呼ばれる
とんでもないおかしな形状のハンドルでした。かなりがっかりしました。

皆がそんなハンドルは嫌なもんだから、オリジナルの海外仕様に改造しました。
そこで、お上が違反改造車両を目の敵に摘発し『刀狩り』と恐れられたものです。
当時を思うと今は自由で大らかになりました。

現在、この中古車が人気があるのは、当時乗れなかった若者が、
大型免許証の取得が容易なり、当時憧れていた方の需要があるからです。
RS(Z2),Z1も同じ事ですね。

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2020 Kamimura corporation All rights Reserved
著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止