menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

熱処理合金A6061溶接のやりかた

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

A6061

 

あまり国内では溶接されていない熱処理合金A6061容器を製作しました。
A6063よりも強度が高く、溶接性には非常に優れた金属です。

 

材料

A6061 t=15mm 550×650×185

ミルシートを確認すると輸入材でした。国内メーカは
展伸材では生産していないのでしょうか。

溶接技法

 

電源装置:Panasonic YC-300BP4 交流
溶接電流: 200A
交流周波数:200Hz
溶加棒: A5356BY φ2.4,3.2
電極: 純タングステン φ3.2
シールドガス : He-Ar
予熱 : 100℃

 

まとめ

今回もウェブサイトからのご依頼でした。

A6061は弊社でも滅多に溶接することがない材質です。
非常に珍しい種類です。従来は航空関係のお仕事で、切断及び曲げ加工の
注文をこなしていますが、溶接を含めての製作は非常にレアなケースです。

よって弊社ウェブサイトで、一部紹介させていただいているページに
アクセス頂き、ご注文に至りました。非常にありがたいお話です。
今回の様にわずかな可能性でも、事例をご紹介できるのなら、
しておいた方がいいですね。

A6061は熱処理材でして、一般流通している材料としては、
A6063がスタンダートです。
型鋼、パイプなどが代表例です。

6000系は溶接性が非常によく、湯流れも良いのでやりやすいです。
ただJISハンドブックには、余熱は向かないと記載されています。
やむえず行う場合は100℃をめどに行う事としされています。

 

 

気密溶接が必要だったためにPTにて確認中

現像結果、溶接欠陥なしの合格

 

 

Copyright© 2020 Kamimura corporation All rights Reserved
著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止