menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

テンパーカラーにも色々あるんです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おはようございます。

溶接管理技術者の上村昌也です。

ステンレス溶接焼けにつきましてお話しします。

TIG溶接で電流値、シールドガスが、上手くかみ合えば
金色若しくはやや赤色の様な奇麗な色になりますね。
また電流値を上げすぎると、黒い色になり見た感じも
良くないです。こんな時はパルスを使えば奇麗な色に仕上がります。

上手く溶接出来れば、モチベーションも上がります。
目視で溶接条件がベストの状態かどうかの判断材料にも
なりますので、溶接欠陥を発生させないためにも、意識して
溶接を行う事が重要です。

ステンレスで溶接焼(色)の事を”テンパーカラー”と呼んでます。
色が奇麗だからといってテンパーカラーをそのままにしておく事は厳禁です。
色が濃い程、錆が発生してきたり、孔食電位が低くなり
耐食性が劣化してきます。

ステンレス製のワイヤーブラシで焼を除去するか化学処理を行い除去しましょう。

ステンレス材の最大の特徴である耐食性を、発揮できるように
条件を整え納ることが、次の方への引き渡しの思いやりとなります。
オートバイのチタン製マフラーは、この特色を利用して
熱を加え綺麗な色に表現しています。チタンの発色は、薄い色が

ベストで、銀色→金色→青色→紫色→灰色の順で、受入先の

検査では紫色までが合格で、灰色になるとコンタミネーション
判断され不合格となり、取扱に注意が必要です。

※コンタミネーション→酸化

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。