menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

溶接による歪を最小限に抑える工法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
duct

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

SPCC t=1.6mm L=1250 W=180 H=150 SPCC板金加工品です。
t=1.6mm と薄板なので溶接による歪みを最小限に抑えるために、
多数の治具を使用しまして製作しました。

歪みを抑えるためには、曲げ構造を多用すれば溶接箇所も少なくなるので、
工法としては良いのですがその分、展開が複雑になり曲げ工程で時間が取られます。
しかし、溶接変形が抑えられるので外観美は綺麗に仕上がります。

これからも面倒、やっかいな手間の掛かる板金構造物で
お客様の”問題解決型ものづくり工場”として、
お役に立ちます様に、技術研鑽を進めてまいります。

duct

SPCC ダクト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。