menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

MAG溶接実験データー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
シールドガスによる溶け込み量

おはようございます。
溶接管理技術者の上村昌也です。

パナソニックの展示会見学に参加した時の事ですが、
実験データーが掲載されていましたので写真に残してきました。

MAG溶接についての実験データーなのですが、シールドガスを
Co2ガスとアルゴン混合ガスとのスパッタの発生量の違いをデーター化
してグラフで表していました。以前一度ブログでお話ししましたが、
こちらの方がより分かりやすいかと思います。

データでは混合ガスの方が、スパッタ発生量の少なさが一目瞭然で確認
出来ます。逆に溶け込み量は、Co2が多い程、深く溶け込むのが判ります。

自社のスタイルにあった溶接法を適用されれば良いと思いますが
弊社では、スパッタの少ない方を作業性優先で混合ガスを
Ar80%+Co2 20%で使っています。
この数値は混合ガスとしては最もポピュラーな混合比率です。

見づらくて恐縮です。

 

シールドガスによる溶け込み量

シールドガスによる溶け込み量1 上村製作所

 

 

 

 

 

 

 

シールドガスによる溶け込み量

シールドガスによる溶け込み量2 上村製作所

 

 

 

 

 

 

 

シールドガスによる溶け込み量

シールドガスによる溶け込み量3上村製作所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。