menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

異材継手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
組織図

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。
お客さまより依頼がございました
異材溶接継手のご案内です。

すでに一般的になっていますSS400とSUS304の異材継手溶接です。
シェフラー組織図で確認出来ますように、ステンレスがSS材によって
どれくらい希釈されても問題ないかを確認する表です。

グリーンの安全域と呼ばれている区域に溶接金属が希釈されていれば
溶接割れは発生しないと言われています。
溶加棒はSUS308ではなく、SUS309を使います。
308では希釈されてNi,Cr当量が低下しますので、よりニッケル、クロム量が
多く含有された溶加棒を使う必要があります。

今回の溶接法はMAG溶接法です。
従来はシールドガスをCo2を使用していましたが、今回より
Ar80%+Co2 20% にて溶接を行いました。
結果スパッタが非常に少なく溶接ビートも平たく満足の行くものでした。

多少溶け込量は少ないでしょうが、問題ないものです。

シェフラー組織図

 

組織図

異材継手組織図 上村製作所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。