menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

非破壊検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
PT

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

PT(浸透探傷試験)のご案内です。

溶接箇所の健全性を試験する非破壊検査には、放射線透過試験磁粉探傷試験
浸透探傷試験があります。順番にRT,MT,PT 図面には溶接記号として指示がしてあります。

それぞれ特徴がありまして放射線透過試験(RT)は試験体内部の欠陥を調べる
試験で磁粉探傷試験(MT)は表面及び表面から比較的浅い内部の欠陥を調べます。

最後に浸透探傷試験(PT)は、試験体表面の傷などの欠陥を試験する液体です。
最もポピュラーで自社で対応できるのはPTだけです。

試験箇所を除去剤(黄)で洗浄後、浸透剤(赤)を吹き付け10分
ぐらい待ってから除去剤で洗浄後、現像剤(白)塗布後、判定します。
欠陥部があれば赤色が浮き出てくる仕組みです。

試験は結構手間がかかるのですよ。試験後の拭き取りも案外大変なもんです。

最後になりますが外観試験(VT)があります。溶接部を目視で判断する試験です。
実はこれが一番重要であったりします。

三種類があります。弊社はマークテック製を使っています。
かなり高価です。スプレー式は手軽で良いのですがいっぱい飛び散りますので、
普段は液体式を使っています。

ピンポイントで使えるので液体の方が使いやすいですよ。

PT

浸透探傷検査剤 上村製作所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。