menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

アルミ溶接部品(小物)その 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アルミ溶接品

おはようございます。

溶接管理技術者の上村昌也です。

アルミ溶接部品(小物)その 2 のご案内です。

小さなワークの溶接は非常にやりにくいですね。
前日に続き隅肉溶接の小さな溶接部品です。
要領としましては、次の通りです。

【交流周波数を200Hz以上に高めに設定しましょう】

デジタル機なら交流周波数を200Hz以上に高く設定する事によりアークが集中
するので溶加棒も入れやすくなり、余分な所まで溶かさないので
奇麗につきますよ。特に角突き合せ時に有効です。

【余熱をしましょう】

予熱する事により、全体に熱が行き渡り電流値が低く出来るので
溶け落ちる事なく、奇麗につきますよ。

【シールドガスをAr+Heを使いましょう】

シールドガスをAr+Heを使う事により、同条件では電圧値が上がるのと
アークが集中しシールドガス100%より低い電流で溶接ができます。
Heの混合比率は50%ぐらいまでが使いやすいです。
Heが多いとアークがふらつき、溶接がやり難くなりますので注意が必要ですよ。

A5052 t-12mm

ワークサイズは100mm×180mm×80mm です。

アルミ溶接品

アルミ溶接品 上村製作所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。