menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

アルミ溶接部品(小物)その 1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アルミ溶接品

おはようございます。
溶接管理技術者の上村昌也です。

アルミ溶接部品(小物)その 1 のご案内です。

小さなワークの溶接は非常にやりにくいですね。
溶かさなくて良い所まで溶かしてしまったり、部材が
溶けてなくなってしまったり、思うように溶接が出来ない事って
ありませんか?そんな小さなワークサイズを寸法通り精度良く
溶接する際の注意点は次の通りです。

【交流周波数を200Hz以上に高めに設定しましょう】
デジタル機なら、交流周波数を200Hz以上に高く設定する事により
アークが集中するので溶加棒も入れやすくなり、余分な所まで
溶かさないので奇麗につきますよ。特に角突き合せ時に
有効です。

【余熱をしましょう】
予熱する事により、部材全体に熱が行き渡り電流値が低く出来るので
タック溶接がやりやすくなり、精度良くできて溶け落ちる事なく、
奇麗につきますよ。

【シールドガスをAr+Heを使いましょう】
ヘリウムを混合する事により、アークがより集中し電圧も上がりますので
電流値をおさえることにより事により、溶接がやりやすくなります。

部材に最適な溶接条件を探し当てれば、部材が大きくなってもストレスなく
溶接できますので、試されてはいかがでしょうか。

アルミ溶接は電流値を低めに溶接する事が肝要です。500A溶接機でも
400A以上あげると高品質な溶接は難しいです。うまく工夫して電流値を
おさえられる溶接法を考えましょう。

A5052 t-12mm
ワークサイズは80mm×50mm×20mm

アルミ溶接品

アルミ溶接品 上村製作所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。