menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

最強!アーク溶接用シールドガス(TIG) ”アルゴン+ヘリウム”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ハイアルメート

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

アーク溶接用シールドガス(TIG)
”アルゴン+ヘリウム”

についてのお話です。

不活性ガスの”アルゴンガス”に”ヘリウムガス”を10%~80%
混合してあるシールドガスです。
ヘリウムはアーク溶接以外に超電導の世界では無くてはならない
存在です。私は、アルミ溶接に使っています。

【特徴】
ヘリウムの影響でアークが絞られ集中するので純アルゴンガスよりも
深溶け込みが得られるのが特徴です。
しかしヘリウム量が多いと板厚が3mm以下ですと、アークがふらつく
ので、好ましく有りません。厚板の場合、電流値が落とせるので溶接歪が
軽減出来ます。また同じ電流値だとアルゴン100%での溶接時から比べると、
溶接スピードが上げれます。

溶接ビートの光沢があり非常に綺麗に仕上がります。
ただ、電圧値が高くなるため”スマット”燃えかすがよくできるので
注意が必要です。特に隅肉などで。
ヘリウムは限られた地域でしか産出されない天然資源なため大変高価です。
作業効率とコストを考案して使用されることをお勧めします。

しかし今ではアルミ溶接時には、ヘリウム無しでは考えられません。

写真は岩谷ガス製のハイアルメイトS (板厚3mmから10mm位)

そのほかにハイアルメイトSを使っています。(板厚10mm位〜)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。