menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

今までに溶接したいちばん厚い材料!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アルミブラケット溶接

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

アルミ厚物溶接品のご案内です。

材料はA5052 製作品の大きさは

W=550mm D=500mm H=250mm 板厚 t=60

手順は次のように進めました。

①ベース板を機械加工後垂直に板を立て板厚方向を溶接

②補強用のリブ板を取り付け反対側も捨てリブを溶接

③余熱を200℃にて実施

④全周脚長20mmのため、3層盛溶接

⑤変型防止用のリブを外し機械加工にて面出し

⑥アルマイト処理を行いました。

今回は余熱に相当な時間が必要でした。そのおかげで歪みも少なく製作が完了しました。

溶接条件

溶接機 Panasonic YC-500WX

交流電流 380A

交流周波数 70Hz

シールドガス Ar+He

タングステン 純タングステン4.8mm

溶加棒 4.0mm

余熱温度 200℃

完成品の写真。溶接後、垂直のプレートは機械加工にて底板と直角度0.1mm以内です。

 

アルミブラケット溶接

アルミ厚物溶接品 上村製作所

 

 

 

 

アルミブラケット溶接

アルミブラケット厚物溶接品 上村製作所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。