menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

これだけを守ればアルミスポット溶接はこわくない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アルミスポット溶接

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

これだけを守ればアルミスポット溶接はこわくない!

W=430mm D=430mm H=410mm T=2.0mm

ベンダーにて折曲げ後、各コーナーをTIG溶接を行い、
内張の枠をスポット溶接しました。

アルミの場合、直流式コンデンサースポット
インバーター式スポットでないと接合できません。

アルミ素材が熱伝導率が高いため、一度に大電流を流して
接合する必要があります。

交流式のようにジワーッと流すタイプでは接合できません。
チップの管理も厳しくスポットを数回すれば電極を
ドレッシングする事が必要になります。

この作業に手間がかかるのと、コンデンサー式なので
コンデンサーに電流を蓄える充電時間がかかります。

と言っても数秒の事ですが。弊社はオリジン製の
直流式コンデンサースポットの設備で溶接を行っていますが、
最近はインバーター式が多く導入されています。
電子制御にて電流値等を制御しやすいためでしょうか。

画像のワークのスポットはやっかいで、チップをかなり編して接合しました。

アルミスポット溶接

アルミスポット溶接


アルミスポット溶接

アルミスポット溶接

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。