menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

アルミでもスポット溶接が出来ますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポット溶接

アルミ製ケース

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

今日はアルミスポット溶接のご案内です。
材料はA5052 T=2.0mm W=450mm D=415mm H=350mm
Tig溶接+スポット溶接で組立ました。

リピート品です。アルミスポット溶接は溶接の数回に一度、チップをドレシングする必要があり
結構時間がかかります。ステンレスの様に連続して溶接ができないのがアルミスポット溶接の弱点です。

弊社のスポット溶接機はオリジン電気製の直流コンデンサー式溶接機を使っています。
この機械は安定して溶接ができるので大変重宝されています。

パラメーターは次の通りです。

溶接電源         : Panasonic YC-300BP4
出力電流         : 交流
交流周波数   : 200Hz
パルス             : ○
パルス周波数    : 11Hz
パルス幅          : 45%
電流                : 10A
パルス電流       : 180A
シールドガス    : Ar(岩谷瓦斯)
タングステン    : 純タン 2.4mm(Plansee)
溶加棒             : A5356BY 2.4mm(サフラ)
バックガス       : NA
予熱                : ×

スポット溶接

スポット溶接

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。