menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

アルミが燃える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アルミ溶接

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

アルミ溶接のご案内です。

A5052 T=15mm T=8mm T=4mm
320×350×80 のワークサイズで材料の組合せは上記の通りです。

内側のリブ間が35mmしかないので溶接がしずらかったです。
溶接による変形を最小限に収めるために、ジグを製作して
ボルトなどで拘束しています。また組立順序を間違えると
溶接できないところが出来ますので注意が必要です。

スマット、ススが付いているのは、へリュームガスの
混合比が高いため、材料が燃えているためです。

その為、トーチや手がうまくはいわないために、結構苦労しました。
その甲斐ありまして、反りが1mm以内に収まりましたので
マシニング加工もやりやすいと思います。

溶接条件

溶接機 Panasonic YC-300BP4

交流電流 200A

交流周波数 400Hz

シールドガス Ar+He

タングステン 純タングステン3.2mm

溶加棒 2.4 or 1.6mm

余熱温度 200℃

これからも省エネルギー、CO2排出削減のため、環境に優しい
アルミ溶接加工品の製作を主体として、社会に貢献してまいります。

アルミ溶接

アルミ溶接

アルミ溶接

アルミ溶接、全面マシニング加工

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。