menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

アルミヒートシンクがあれば熱交換が容易に出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アルミ

A5052 T=20-100

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。
今日はアルミヒートシンクのご案内です。

材料はA5052 T=20mm 510×280 直径100mm高さ50mm厚み5mm
今回は隅肉溶接なので予熱を実施しましたがパイプが
ヒートシンクの役割をして加熱してもなかなか設定の温度まで
あがなかったので想定していた時間より大幅に超過しました。

こんなことも時にはありますね。
煙突がうまい具合に熱を奪い取ってヒートシンクになるとは
思いもよらなかったです。

こちらの製品はデメラー溶接テーブルが導入される少し前に
製作したものです。クランピングシステムがあれば変形防止に
どれほど役に立ったことかと思うと少し残念ですが、
これからたくさんの案件があるので効果が楽しみと生産性向上が期待です。
(opens in a new tab)

溶接パラメーターは次の通りです。

溶接電源         : Panasonic YC-300BP4
出力電流         : 交流
交流周波数   : 200Hz
パルス             : NA
パルス周波数    : NA
パルス幅          : NA
電流                : 220A
パルス電流       : NA
シールドガス    : He+Ar(岩谷瓦斯)
タングステン    : 純タン 3.2mm(Plansee)
溶加棒             : A5356BY 2.4,3.2mm(神戸製鋼所,サフラ)
バックガス       : NA
予熱                : ○

アルミ

アルミ溶接 中板

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。